「辨」って読める?山本地区を散歩中に「辨財天(べんざいてん)」の石碑を見つけました

ABOUTこの記事をかいた人
さやま散歩

ゆるりぶらりと散歩して、大阪狭山市の魅力を発見・紹介! イベントやお店、ローカルな路地裏などなんでもござれで紹介していきます。 楽しく散歩しましょう♪

「辨」って読める?山本地区を散歩中に「辨財天」の石碑を見つけました (2)
山本地区を散歩中に、階段の上にひっそりと立つ赤い鳥居が目に止まりました。

階段の登り口には「辨財天」の石碑があります。

「辨」って読める?_山本地区を散歩中に「辨財天」の石碑を見つけました-(5)

」の字に馴染みがなく、読みかたが分からなかったのですが、調べてみると「辨財天(べんざいてん)」と読むようですね!

「辨」って読める?山本地区を散歩中に「辨財天」の石碑を見つけました (3)

階段を上がると、2つの鳥居の奥に小さな社殿があります。

「辨」って読める?山本地区を散歩中に「辨財天」の石碑を見つけました (1)

鳥居にも「辨財天」の文字が。

辨財天(弁財天)は、弁天様の愛称で親しまれ各地で信仰のある金運・縁結び・芸能等の神様。

元の由来となる神様は、インドのサラスヴァティという河を神格化した女神で、

「辨」って読める?_山本地区を散歩中に「辨財天」の石碑を見つけました-1(5)

日本では歴史の中で姿を変え、辨財天として七福神でもお馴染みの神様として信仰されるようになったそう。

「辨」って読める?山本地区を散歩中に「辨財天」の石碑を見つけました-(6)

琵琶を弾く女神の姿をしている、あの神様です!

大阪狭山市にも、辨財天を奉る小さな神社があったんですね。

なかなか気付きにくい場所にありますが、散歩がてら探しに行ってみてくださいね。

「辨財天(べんざいてん)」石碑の場所は

所在地
〒589-0036
大阪府大阪狭山市山本東1393



ハートマークを押すと
この記事が『みんなの「いいね」記事』に投票されます(^^)/
4+

ABOUTこの記事をかいた人
さやま散歩

ゆるりぶらりと散歩して、大阪狭山市の魅力を発見・紹介! イベントやお店、ローカルな路地裏などなんでもござれで紹介していきます。 楽しく散歩しましょう♪
掲載内容は2020年2月17日(月)時点の情報です。
「辨」って読める?山本地区を散歩中に「辨財天」の石碑を見つけました (1)

Twitterで大阪狭山びこを

【大阪狭山市】テイクアウト・デリバリー店まとめ
広告スポンサー募集中
お店・イベント情報・セール・キャンペーン情報掲載お申込み
大阪狭山市イベント情報まとめ