【牛瀧(牛神)の祠】東除川に沿って東池尻を散歩をしていると「大きな楠」が目に留まります

ABOUTこの記事をかいた人

さやま散歩

ゆるりぶらりと散歩して、大阪狭山市の魅力を発見・紹介! イベントやお店、ローカルな路地裏などなんでもござれで紹介していきます。 楽しく散歩しましょう♪

東除川に沿って東池尻を散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。 (3)
東除川に沿って東池尻のエリアを散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。

ちょうど、大阪狭山市と富田林市の境にもなっている場所です。

東除川に沿って東池尻を散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。 (4)

その存在感から、道を通るたびに気になっていたので近くまで寄って見てきました。

東除川に沿って東池尻を散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。 (1)

すると、道側からは見えない楠の根元に・・・

東除川に沿って東池尻を散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。 (2)

小さな石の祠(ほこら)を発見しました!

気になって少し調べてみると、これは牛瀧(牛神)さまを祀った(まつった)祠のようですね。

※牛瀧(うしたき)・牛神(うしがみ)

東除川に沿って東池尻を散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。 (5)

かつて南大阪の農村では、農耕でたくさんの牛が飼われ大切にされており、牛を祀った牛瀧信仰が各地に残っています。

この東池尻の楠に祀られた牛瀧さまでも、かつては牛が病気にならないように、楠の下に連れてくるといった風習があったそうです。

歴史や文化を纏(まと)い、地元の方々に大切にされてきた立派な楠の大木は、やはりどこか惹きつけられるものがありますね。

さて次はどこにいこうかな?

牛瀧(牛神)さまを祀った「楠」の場所は

東除川に沿って東池尻を散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。 (3)
所在地
〒589-0004
大阪府大阪狭山市東池尻1丁目の北側付近(東除川)


ハートマークを押すと
この記事が『みんなの「いいね」記事』に投票されます(^^)/
6+

ABOUTこの記事をかいた人
さやま散歩

ゆるりぶらりと散歩して、大阪狭山市の魅力を発見・紹介! イベントやお店、ローカルな路地裏などなんでもござれで紹介していきます。 楽しく散歩しましょう♪
スポンサーリンク

【掲載無料】大阪狭山びこに『お店情報』『イベント情報』を掲載

大阪狭山市イベント情報まとめ

スポンサーリンク
掲載内容は2019年12月8日(日)時点の情報です。
東除川に沿って東池尻を散歩をしていると、一際目立つ「大きな楠(クスノキ)」が目に留まります。 (3)

Twitterで大阪狭山びこを